ハイブリッドカーを売る時&買う時のポイント!

プリウスをはじめとする人気のハイブリッドカーですが、中古車市場でも人気があり他の車に比べても高めの買取額で推移しています。ハイブリッドカーは燃費がいい事で人気があります。しかし、その燃費を支える内臓バッテリーも経年劣化していき徐々に燃費も悪くなっていきます。携帯電話のバッテリーと同と考えてもらえば良いと思います。携帯電話も買ったばかりだとバッテリーの持ちもいいのですが、1年2年と使って行くうちに徐々に弱くなって行きます。ハイブリッドカーの内臓バッテリーも同じです。ハイブリッドカーの内臓バッテリーの寿命はディーラー補償で5年10万kmといわれていますが、一般的には約10~15年といわれています。

10年経過したハイブリッドカーはもはやハイブリッドカーではなく一般的なガソリンの車と同じだと思ってください。ハイブリッドカーのバッテリーは走行距離と比例はしません。単純に時間によって経年劣化していき、そして環境によって変ります。ディーラーでは内臓バッテリーの交換もありますが費用が15万~30万円かかります。コレは単純に部品代です。部品代だけでこの値段ですから内蔵バッテリーの交換というのは現実的な話ではありません。

ハイブリッドカーを中古で購入する際には単純に燃費がいいからという理由だけで購入するのはやめましょう。年式、走行距離を見てから購入しましょう。また、悪質な業者の場合だとメーターの巻き戻しがあります。こんな業者で購入したら後々大変なので信用できるところで購入しましょ。