新車購入の際の値引きと購入のタイミング

車を購入するという事は高い買物です。少しでも安く購入したいというのが人の性です。そして、新車を購入する際に気になるのが、やはりどのくらい「値引きして貰えるか」という事では無いでしょうか?新車を購入した人の話を聞くと、人によっては30万値引きしてもらったと得意げに話す人、そして5万円しか値引きしてもらえなかったと不満気に愚痴る人様々です。その値引きの違いは何処にあるのでしょうか?

値引きには二つあります。まず、車種やその車のグレードによる値引、そして次に実装するオプションの数によって違いです。

実を言うと、値引き額の多い人というのはオプションをかなりつけている人です。言い換えれば、値引きの差と言うのは実を言うと車に取り付けるオプションによって決まります。オプションをより多く取り付けた人の方が、オプション分から値引きされるのです。ディーラーは車両本体からの値引きには嫌な顔されます。あまりしつこく車両本体の値引きに食い下がる客の場合は「他店でお願いします」と言われる事もあるかも知れません。車両本体はディーラー、メーカー側の利益になる部分です。そこから値引くという事はディーラーにとっては不利益になりますから車両本体からの値引きにはなかなか応じてくれません。新車購入する際は車両本体の値引きは期待しない事です。

とは言ったものの、実を言うと車両本体の値引きが大きくなるタイミングがあります。それが「モデルチェンジ」です。モデルチェンジを発表した車というのは一時的に売上げが減少します。しかし、あえてそのタイミングを狙いモデルチェンジという足元を見て車両本体の値引きを交渉するというのも一つの手です。

次に購入のタイミングですが、それは言うまでもなく決算の時期です。決算時期できれば年度末の決算時期を狙って購入する事が望ましいというのは言うまでもありません。多くのメーカーが決算時期の駆け込み需要を狙って顧客獲得に動いています。車を安く買うなら決算時期を狙いましょう。