【トヨタ】姉妹車のタンクとルーミー買うならどっちがいいの?

姉妹車関係にあるトヨタの『タンク』と『ルーミー』。1000ccのトール型のコンパクトカーして人気のある車です。自販連のホームページに販売台数のランキングがあります。『ルーミー』は2017年10月時点のランキングでは4位とい好成績を収めています。一方、『タンク』の方は13位という成績です。この二つの車は姉妹関係にある車という事で、外観はそっくりで、よほど車に詳しい人でないと気付くには難しいかも知れません。大きな違いはフロントグリルです。そのほかにはブレーキランプの違い等がありますが・・・本当に瓜二つの車です。

『ルーミー』と『タンク』の取扱店

ルーミーの取り扱いはトヨタ店とカローラ店で取り扱っています。カローラ店ではラクティスの後継車という位置づけで販売されています。一方でタンクの取り扱い店はトヨペット店、ネッツ店で販売しています。ネッツ店ではbBの後継車という事になっています。

『ルーミー』の価格

ルーミーの価格ですが一番下のグレードのXが129~139万円、一番上のグレードのGS4WDが200万円となっています。この手のコンパクトタイプのトールワゴンを購入するとなった場合、主婦層や普段あまり車に乗らない人、日常の足と割り切っている人の場合は、一番下のグレードのXでオプションなしで充分だと思います。カスタムGS4WDの場合は200万円となります。

『タンク』の価格

一方でタンクの価格はどうかと言うとルーミーと同じ価格帯ですが、一番下のグレードXが146万円、そして一番上のグレードのカスタムGS 4WDが200万円ですとなっています。

4WDを選ぶべきか?

4WDを選ぶか選ばないかの選択となりますが、首都圏に住んでいる人なら4WDではなく、2DWで充分です。4WDになると燃費が悪くなります。ただ、ウィンタースポーツが好きで良くスキー、スノボーに行くという人、そして長く乗りたいと思う人は4WDの購入の検討余地があるとおもいますが、でもやっぱり長くのればそれだけガソリン代がかかるわけですから個人的には推奨しません・・・その辺は個人の考え方によるとおもいます。

『タンク』と『ルーミー』どちらを選ぶべきか

はっきり申し上げて、外観の好みの問題になると思います。違うのは外観のみ、内装も性能も同じ、違うのは取り扱い店と外観のみ。外観に強いこだわりがある人なら、それぞれの取扱店へ、そしてこだわりが無いが、1000ccで5人乗りのトールワゴンが欲しいという人は一番近いトヨタへ行くのが良いと思います。

ダイハツの『トール』がベース

ちなみにトヨタの『タンク』と『ルーミー』は元はダイハツの『トール』がベースになっている車です。ダイハツからOEM供給を受けている車です。トールの価格は一番下位グレードのXが146万。一番上位グレードのGSAⅡ 4WDが185万円となっています。

いすゞ ジャスティ

最後にトヨタ『タンク』と『ルーミー』は姉妹車であり、元はダイハツの『トール』がベースとなっています。そして、いすゞだと『ジャスティ』の名前で販売されています。価格もだいたい同じ価格となっています。この4つ完全に外観の好みの問題となると思います。