トヨタC-HRは1.8ハイブリッドにするか1.2ダウンサイジングターボどちらが良いのか?

トヨタのC-HRは2016年12月14日に発売したばかりのSUVです。トヨタの人気車種のC-HRは自販連の2017年販売ランキングでも発売以来、トップ10に入る程の人気の車です。そのC-HRは2WD 1.8ℓハイブリッドエンジン仕様のモデルと1.2ℓ 4WDターボエンジン仕様のモデルに分ける事が出来ます。
上位グレードでハイブリッドモデルの『G“LED Edition”』の価格が2929200円。そして4WD 1.2ℓガソリンターボ仕様の『G-T“LED Edition”』が2799600円という価格となっています。カタログを見るとハイブリッドモデルの方が129600円高くなっています。しかし、ココにエコカー減税というポイントがあります。ハイブリッドモデルがエコカー減税適用で自動車税、重量税が129600円安くなります。そうするとガソリンモデルとの価格差がなくなります。一方でガソリンモデルはエコカー減税が翌年分5700円しか適用されません。そう考えると明らかにハイブリッドモデルの『G LED エディション』を選択する方が賢いといえます。

オススメするのはハイブリッドモデルがオススメだという事は前述したとおりです。ハイブリッドモデルには『G“LED Edition”』と『G』、そして下位グレードの『S』の3つのモデルが用意されています。最上位グレードの『G“LED Edition”』がカタログ価格 2929200円。そして『G』が2905200円、下位グレードの『S』が2646000円という価格となっています。『G“LED Edition”』と『G』の価格差は無いので、そうなると『G“LED Edition”』か『S』という選択になると思います。しかし、価格差が30万円近くあります。燃費も『G“LED Edition”』、『S』いずれもカタログ燃費で30.2km/Lです。そうなると、装備の差にどこまで妥協できるかという事になります。トヨタの人気車種のC-HRを購入するならできれば上位グレードの『G“LED Edition”』を選びたいところです。価格差も30万円とチョッと頑張れば手が届く所にあるのが憎いところ。50万円の価格差なら諦めるところ、30万円の価格差をどう埋めるか?今乗っている車がチョッとでも高く売れれば上位グレードの『G“LED Edition”』を買えそうですね。今乗っている車を高く売るなら車買取一括査定サイトがオススメです!