2016年最も売れた軽自動車ホンダN-BOXの買取相場について

2016年に最も売れた軽自動車といえばHONDAのN-BOXです。軽自動車とは思えない広い空間性を誇る車でリアシートを倒すと、自転車も楽に積み込む事が出来る車です。私もN-BOXを代車として使わせてもらった事がありますが、本当に軽自動車?と思うほどの広い空間があり、車に乗った時に感じる圧迫感がなく、開放感ある室内でとても関心しました。この広い空間性と快適性なら軽自動車として売れる事にも納得する事ができました。さて、そんなN-BOXが発売されたのが2012年7月の事です。そして今年2017年9月にモデルチェンジをしました。初代N-BOXに乗っている人もそろそろ売りに出して新しい車に乗り換えようと考えている人も多いと思います。そこでN-BOXの買取相場について調べてみました。

まず、初代N-BOXのグレードと価格ですが、下位グレードの「660 G CVT」の価格が127.5万円、そして燃費が22km/ℓ。そして最上位グレードの660 「カスタムG ターボパッケージ 4WD CVT」の価格が183.1万円、燃費が18.2km/ℓとなっています。最上位グレードど下位グレードの間に50万円以上の差額が出ている事を考えてください。

下位グレードN-BOX 660 G CVTの買取相場

年式が平成24年式(2012年)、そして走行距離が5万km未満の「N-BOX 660 G CVT」の買取相場は平均50万円といったところでしょうか?これが5万kmオーバーとなると30万円~40万円前後とガクンと買取相場も急落してしまいます。また、年式が新しい「N-BOX G CTV」でも70万~80万円が買取相場になっているようです。

最上位グレードのN-BOXカスタムG ターボパッケージ 4WD CVTの買取相場

N-BOXカスタムG ターボパッケージ 4WDの買取相場を調べてみました。しかし、N-BOXの購入者の多くは 「660 G」が多くカスタムG ターボを購入する人が少ないのが現状です。N-BOX カスタムターボの買取相場は年式が比較的新しくとも買取相場が安く押さえられているのが現状のようです。平均買取相場として70万円~100万円といったところでしょうか?

わざわざターボを買わないN-BOXユーザー

N-BOXは快適な空間性が売りの車であり、ターゲットとなるユーザーは主婦、女性が中心になると思います。そうなるとわざわざ、ターボ、しかも4WDという走行性能は不要です。そうなるとやはり、660Gで充分となり、中古市場においても歓迎されるのは660Gとなり、そのためカスタムターボ等は買取価格が抑えられる一方で、600Gの方が高く買取されるようです。