残クレ&残価設定中の車でも売る事が出来ます!

残クレとは

『残クレ』とはローン、支払が残っている事を言います。

残価設定中とは

残価設定とは3年~5年後の下取する事を前提にして、ローンを組む事を言います。月々の支払が安く抑えられる事で購入の際にディーラーで進められる事も多い、比較的新しいローンのタイプです。当ページでは残クレや残価設定の残る車の買取について説明します。

車好きの人の中には今乗っている車が残クレにも関わらず、新しい車に乗り換えたいと考える人も多くいます。決して珍しい事ではありません。また、不幸な事に残クレで自損事故を起こして車を大破させてしまい。車を売るしかないという人もいます。残クレの車を売りたいというカーユーザも多くいる為、車買取業者も、そんな残クレの車買取にも対応しています。

残クレや残価設定中の車の場合は支払が残っているので車の所有者は販売店になっているので、まずは支払を全て終わらせて車の所有者を自分のものにしてから車を売ることになります。支払の残りを車を売ることによって充当する事が出来れば所有者が自分のモノになるので晴れて車を売る事が出来ます。しかし逆に充当しても支払が残る場合は車買取業者によって対応が違います。ガリバーでは残クレの車で支払が残る場合はガリバーで車を購入すれば残った支払をガリバーが肩代わりする事で所有者変更する事で

新しい車の支払+前の車の支払残り=月々の支払

とする事が出来ます。

ただ、コレもガリバーの店舗によって違うようです。残クレの車を売る事は出来ますが、支払が残る場合には各社対応が違うので確認が必要となります。ガリバーに関わらず他の車買取業者でも残クレ、残価設定中の車の買取は行っていますが、各社対応が違うので売る前には確認しておきましょう。ちなみに所有者の名義変更の際に必要となる書類を下にまとめておきます。

残クレの車の所有者変更に必要となる書類

  1. 自動車車検証
  2. 印鑑登録証明書(※発行から3ヶ月以内のもの)
  3. 委任状(※販売店より受け取って下さい)
  4. 自動車納税証明書(※住所と氏名に間違いないか確認)
  5. 実印